貸金業法改正によって1番迷惑を受けたのは誰?

MENU

カードローン法改正によって借りられなくなった人とは?

総量規制で借りられなかった専業主婦画像

貸金業法は段階的に施行されていき、平成22年6月に最終段階の施行が実施されましたが、それによって誰が一番迷惑を受けたと思いますか?と言うか、迷惑を受けた人達がいるのを知っていましたか?

 

それは、いつも通りATMから限度額内の借入をしようとして、昨日までは借入できたのに、突如できなくなった人でしょうか?個人事業主で確定申告を少なめに出している人でしょうか?中小企業で、銀行からお金を借りることができず、消費者金融から個人名義で借入をしていた社長さんでしょうか?

 

答えはその中にはありません。貸金業法改正によって一番被害を受けたと言えるのは、実は専業主婦の人達なのです。

なぜ専業主婦は世帯収入はあるのに借入が一切できなくなったのか?

女性はてなイラスト

法改正の前までは、自分自身に収入が無くても、配偶者(夫)に安定収入があれば、消費者金融は専業主婦にでも貸付をしていました。

 

多くの家庭では、主婦が家計を握っていることが多く、夫は小遣い制で、はっきり言って、専業主婦の方が小遣い制の夫よりも返済能力が高いところもあったはずです。

 

しかしながら、貸金業法は過剰貸し付けの防止と、多重債務者を増やさない事を目的として、年収3分の1を上限とした貸付基準を作り、一律に借入を規制しました。借入金額が年収の1/3と言うことは、年収が無い人は、1円も借りられなくなったのです。

 

これに困ったのが、自分自身の収入が無い専業主婦です。平成22年6月18日以降、消費者金融会社は全ての専業主婦に対し、追加融資を禁止として、返済のみに変更しました。(主婦でもパートやアルバイトなどで自分の収入がある人は除外です。あくまで働いていない専業主婦が対象となります。)

貸金業法改正で借りられなくなることを通知しなかったのか?

女性電話イラスト

法改正によって、借入が制限されると言う事実は、実施日まで、多くの人があまり知らず、認知度が低かったため、主婦たちは、今まで通り、ATMで限度額内での融資を受けようとしても融資残高は0円と表示されてしまうのです。

 

本来ならば、一人一人の顧客に対し、電話連絡等をするべきだったのかもしれませんが、それには多くの手間と時間がかかり、連絡することに対してのクレームを考えれば(自宅への郵便物は最も嫌がられます)、通知なく、法律上の問題として扱った方がすんなりと進んだのは確かなことです。

 

そのため、貸金業法が改正されることを知らなかった専業主婦は通知も無く、突然に限度額内でも追加融資を受けられなくなってしまいました。これはどんなに優良顧客だった人でも収入が無い以上法律的に融資することができないのです。

 

仮に借入が1件で30万円しかなく、返済能力も清算能力も充分にある人だったとしても、消費者金融では貸付することができません。消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシングに関しても借入ができなくなったので、専業主婦の中では相当に困った人もいるはずです。

 

銀行カードローンは貸金業者ではないので、専業主婦でも融資が可能となっていますが、そのことも当時はあまり知られておらず、まだ銀行カードローンも一部しか出ていない状況だったので、どこに行けば借りられるのか?相当に不安になったことが想像できます。

 

これらのことから、専業主婦は2010年6月に貸金業界から突如締め出された被害者とも言えるのです。


主婦がカードローンから借入するにはどうすればいいのか?

借入できた女性のイラスト画像

2010年の改正貸金業法によって、主婦達は貸金業者のカードローンから借入ができなくなりました。この「主婦」と言うのは、あくまで専業主婦のことであり、パートやアルバイトもしていない人を指します。

 

なので主婦の傍ら、パートやアルバイトをしている人達は、その収入の3分の1まで借入することが可能です。

 

しかし、仮にパートで月6万円の収入がある主婦では、年収は6×12で72万円となり、その3分の1は24万円なので、貸金業法上では24万円しか借りられないことになります。

 

全く借金が無く、配偶者もそれなりの収入があるのにも関わらず、24万円しか借りられないのは少なすぎると思いませんか?もしそれ以上現金が必要だとしても、消費者金融やクレジット会社では借りることができないのです。

 

では、主婦がカードローンで借りたい場合、どうすればいいのか?それは、銀行カードローンへ申し込みすれば解決されます。

銀行カードローンは貸金業法適用外なので主婦でも借りれるってホント?

パートやアルバイトをしていない専業主婦、旦那の扶養内でパートをしていて借入上限が24万円の主婦でも限度額50万円借りることができるのか?これに関しては消費者金融では無理ですが、銀行カードローンであれば借りることができます。

 

銀行は貸金業法の適用外になっていますので、消費者金融やクレジット会社の貸金業者とはルールが違うのです。なので、専業主婦でも配偶者に安定的な収入があれば借入することができますし、パートで年間72万円しか無く、消費者金融からは最大でも24万円しか借りられない主婦でも、銀行なら50万円借りられる可能性があるのです。

 

銀行カードローンに申し込めば必ず50万円借りられるのかと言えば、そうでもありません。まずは専業主婦でも貸付をしている銀行を探すことから始めます。専業主婦に貸付をしているならば、当然パート・アルバイトをしている主婦も貸付していることになります。

有名銀行カードローンで専業主婦に融資しているところをピックアップしてみました。
三菱東京UFJ銀行 最大30万円
イオン銀行 最大50万円
みずほ銀行(MyWing) ※最大30万円
ソニー銀行 最大50万円

※みずほ銀行MyWingは、専業主婦の貸付上限が最大で30万円となっています。会社員など、収入があれば限度額は最大100万円までとなっています。

銀行だからと言って必ずしも専業主婦に貸付している訳ではない!?

銀行カードローンは貸金業法では無く、銀行法の為、専業主婦に貸付することは禁じられていません。しかし、全ての銀行が専業主婦に対して融資可能としてはおらず、メガバンクでも三井住友銀行は専業主婦がNGとなっています。

 

また、融資限度額にも違いがあり、例えばイオン銀行カードローンは専業主婦でも最大50万円融資可能となっていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンは、限度額は最大でも30万円となっています。

 

そして、全ての銀行に言えることは、50万円以上の限度額で専業主婦に融資しているところは無いということです。そのため、100万円を借りようと思った場合、50万円を2社から借りることになってしまいます。

専業主婦は貸付禁止になっている銀行カードローン

  • オリックス銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行(プレミアムコース)
専業主婦でカードローンを借りるなら、結局どこがおすすめなの?

専業主婦で借りるならこの2つ!

専業主婦でカードローンを借りるならば、消費者金融では借りられませんので銀行カードローンとなります。では、専業主婦でも融資可能としている銀行でどこがおすすめなのかと言えば、まずはイオン銀行カードローンです。

 

イオン銀行は専業主婦でも配偶者に安定的な収入があれば最大50万円まで借入可能となっています。尚且つ、金利は13.8%とかなり低く、収入証明書も不要です。

 

但し、借りるにはイオン銀行の普通預金口座が必要となりますので、イオン銀行口座を持っていない人は即日融資を受けられず、融資まで3〜5日営業日ほど時間が必要です。

 

専業主婦で即日融資希望であれば、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックがおすすめです。限度額はイオン銀行よりも低い最大30万円となりますが、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていなくても、テレビ窓口に行くことによって、最短40分でカード発行を受けられます。

 

カードを使ってATMから即日融資が可能なので、申込当日に借りたい人は、バンクイックに申込した方が良いでしょう。金利は14.6%なのでイオン銀行よりも若干高いですが、イオン銀行同様に収入証明書不要で、日本最大の銀行なので安心感もあります。

 

この2つのカードローンはスペックも非常に高く、きっと満足できる借入となるでしょう。