借入制限があるカードローンはどこ?

MENU

利用制限が決められているカードローンの種類は?

カードローンの画像

貸金業法による法規制によって、貸金業者が扱うカードローンにおいては利用者の年収の3分の1を超える額の貸出が禁止されました。

 

年収制限が掛けられるのは個人向けのカードローンだけで、無担保・無保証人であり、利用限度額内での借入が自由で、借入金の使途を問われないローンが対象になります。そのため、有担保ローンや事業者ローンなどは利用制限を受けません。

 

「おまとめローン」は年収額以上の借入ができることから年収規制を受けないローンと誤解している人が少なくありませんが、おまとめローンは貸金業法上、年収3分の1規制の「例外」として年収を超える額の借入ができるだけであり、おまとめローンの利用後に新たな借入をする場合は年収の3分の1の枠内に限定されます。

 

なので、おまとめローンで例外的に借りた金額は1/3の計算に加えられ、その分と他の借入合計が年収の1/3以下にならなければ、貸金業者からは借入ができないことになっています。

銀行系消費者金融は借入制限はないのか?

銀行系消費者金融画像

アコムやプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、モビットなど大手都市銀行グループの傘下に入っている消費者金融を「銀行系」消費者金融と呼んでいますが、消費者金融に違いは無いため、扱っているカードローンは年収3分の1までしか借りることができません。

 

ただし、新生銀行カードローン レイクは新生銀行の個人融資部門が扱っているカードローンなので、年収3分の1を超えて借りることが可能です。

 

借りることが可能というのは、当然審査に通って借りることができると言う意味です。なので誰でもが借りられるわけではなく、借入が年収3分の1をオーバーしていることは、多重債務になっている状況なので、レイクが年収規制が無いと言っても余程の属性が良くない限り、審査に通ることは難しいでしょう。

銀行系消費者金融って、主婦は借りれるの?

銀行系消費者金融と聞くと、「銀行」の文字が入っている為、主婦でも借りれそうなイメージがあります。しかし、銀行系と付いてるだけで、消費者金融には違いありません。消費者金融では年収3分の1の貸付ルールがありますので、専業主婦は借りられないのです。

 

しかし、パートやアルバイトをして自分自身で収入がある主婦は、その年収の3分の1までは審査に通れば借りることができます。消費者金融の多くは、50万円以下の場合基本的には収入証明書の提出は必要ありません。

 

なので、年収は自己申告で行います(借入希望額が50万円以下で他の貸金業者との借入合計が100万円以下の場合に限る)。

 

このことから、仮に年収が90万円しかない場合でも、それ以上に申告して多くの借入をすることは可能なのですが、配偶者の扶養外の収入を得ているなら、社会保険証についても聞かれることになります。

 

もし、その時に虚偽申告だとバレた場合、最悪審査は通らなくなります。また、少しでも不審だと思われると、収入証明書の提出を求められることになりますので、ありのままの年収を申告した方が賢明と言えるでしょう。

全ての銀行カードローンが専業主婦へ融資を行っているのか?

専業主婦の写真画像

年収による借入制限が無いカードローンとなると、銀行などの金融機関のカードローンを利用するしかありません。年収の借入制限がないため、銀行は収入の無い専業主婦への貸出も行っており、30万円〜50万円の利用限度額で専業主婦でも借入ができることになっています。

 

全部の銀行カードローンが専業主婦への貸付を行っているかと言えば、そうではなく、融資可能となっているのは三菱UFJ銀行、イオン銀行などで、逆にオリックス銀行や三井住友銀行などは配偶者に安定的な収入があったとしても専業主婦への融資は不可となっています。(2016年6月現在)

専業主婦でも借りれる銀行 三菱UFJ銀行、イオン銀行、静岡銀行など
専業主婦借入不可の銀行 オリックス銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行など

 

さらに、パートやアルバイトからの申込も可能であり、中には、親の同意を基に学生にも貸出をしているカードローンもあります。

 

ちなみに、近年の銀行カードローンは消費者金融を傘下に入れたことで機能が向上しており、消費者金融のカードローンと同様な利便性を備えています。

 

最も違う点は傘下の貸金業者を保証会社としていることで、保証会社の保証を受けることが条件になっていますが、逆に、貸金業者が保証会社になっていることで審査のスピードがアップし、即日融資が可能になりました。

 

消費者金融の審査ノウハウは非常に高く、保証会社に付いたことで銀行にとっても、大きなメリットとなり、無担保ローン審査の制度は格段に上がったとされています。