銀行カードローン 専業主婦・収入証明書不要

MENU

銀行カードローンのメリット【専業主婦・収入証明書不要】

専業主婦と総量規制

2010年の貸金業法の改正で利用者にとって大きな影響を受けたのが、旧出資法の上限金利の引き下げと、総量規制の導入です。

 

特に、総量規制は借入を停止される利用者の続出の引き金になりました。

 

中でも顕著なのが専業主婦で、総量規制が導入されるまでは夫が定職に就いていればどの消費者金融でも専業主婦に対して貸出をしていましたが、総量規制が導入されて以降、収入の無い専業主婦に対して貸出をするところはほとんどなくなりました。

銀行カードローンは総量規制対象外の為、専業主婦へも貸付が可能!

ところが、銀行は貸金業法の適用を受けないため、利用限度額を10〜50万円に限定する形で専業主婦に対する貸出をしているのが一般的です。

 

また、夫の同意を求めておらず、証明書の提出も必要ありません。さらに、貸金業者が年金と言う安定収入のある年金生活者への貸出をしていないのが通例となっている中で、銀行は年金生活者への貸出も行っています。

 

銀行は閉鎖的と思われがちですが、改正貸金業法の施行以降、カードローンの門戸と言う点では貸金業者よりも開放的と言えます。

自動融資機能で残高不足による引き落とし不能を回避できる!

そして、銀行カードローンだけが提供できるサービスに自動融資機能があります。一般的に、ガス・水道・電気代や電話料金、NHK受信料などの公共料金、または、クレジットカードでのショッピング代金は銀行口座からの引き落としが利用されています。

 

従って、引き落とし決済日には口座に預金が残っていなければなりませんが、何らかのミスで残高不足の発生することがあります。

 

そんな時に便利なのが自動融資サービスです。自動融資サービスと言うのは口座引き落とし時に残高不足になっていると、カードローンから自動的に貸出が行われ、不足金額を口座に入金してもらえるサービスのことです。

 

そのため、残高不足に気がついてあわてて振り込む必要がありませんし、返済漏れと言う事態が起きる心配もありません。銀行カードローンの隠れたメリットと言えます。

収入証明書不要で借りられるのは銀行カードローン!

そして細かいことですが、手続きにおける銀行カードローンのメリットが収入証明書の取扱です。

 

貸金業法における総量規制では年収の3分の1制限に加え、貸金業者1社から50万円を超える借入をする場合、若しくは、他の貸金業者からの借入分を足すと100万円を超える借入になる場合は収入証明書(源泉徴収票や給与明細書、課税証明書)を提出しなければなりません。

 

収入証明書の手配と言うのは結構手間のかかるものです。ところが、銀行カードローンの場合は1社からの利用限度額が100〜300万円まで収入証明書の提出を不要としているため、収入証明書の必要なケースと言うのは滅多に起こりません。


関連ページ

銀行カードローンと消費者金融の違い【ATM手数料無料の重要性】
銀行カードローンと消費者金融の違いを説明します。金利・限度額・返済方法など、銀行と消費者金融ではけっこう違いがあります。特に提携ATM手数料は非常に重要な問題となります!
銀行カードローンの返済方法
銀行カードローンの返済方法について、口座引き落としや、ネットバンクによる返済、ペイジーを利用した返済など、詳しく説明しています。
銀行カードローンの審査が厳しい理由
銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すれば圧倒的に厳しいです。なぜ審査が厳しいのかについて説明します。
銀行カードローンで即日融資ができるとこは?
銀行カードローンは基本的に即日融資可能なところが少ないです。では即日融資可能な銀行カードローンはどこなのか?おすすめのカードローンをご案内します。
おまとめローンとしても利用できる銀行カードローン
おまとめローンとしても利用可能な銀行カードローンを一覧にして比較し、ご紹介しています。
銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみた!
銀行カードローンは種類も多いですが、有名な銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみました。表で分かり易くしてあるので参考にしてみてください。