銀行カードローンと消費者金融の違い【ATM手数料無料の重要性】

MENU

銀行カードローンと消費者金融の違い【ATM手数料無料の重要性】

銀行カードローンが消費者金融やクレジット会社などの貸金業者のカードローンと大きく違う点として、貸出額における制約の無いことが挙げられます。

 

現在では、消費者金融やクレジット会社のカードローンの場合、改正貸金業法による総量規制によって、利用者の年収の3分の1の額を超える貸出をすることができません。

 

しかし、銀行は銀行法の管轄であることから貸金業法の適用を受けないため、年収額における借入制限がありません。

 

従って、銀行カードローンには年収の3分の1という金額に縛られず、また、消費者金融からの借入額に影響されないと言うメリットがあります。

銀行カードローン審査が重要視する返済比率とは?

ただ、いくら借入額に制限が無いとは言っても、銀行には「返済比率」と言う基準があるため、やはり年収の3分の1を大幅に超える借入をすることは難しいのが現実です。

 

返済比率と言うのは返済額を年収で割った数値のことであり、生活に支障をきたさずに返済できる標準値を表しています。

 

なお、銀行カードローンは貸金業法の対象外であるため、逆に銀行からの借入額に関わらず、消費者金融から借入をすることが法律上は可能です。

銀行カードローンの借入は年収3分の1に含まれない?

銀行カードローンから借入した金額は、総量規制による年収1/3の計算上に入りません。例えば、年収300万円の人がオリックス銀行カードローンから100万円借りた場合、年収1/3の上限となってしまいますが、銀行は貸金業者ではありませんから、この人は、まだ消費者金融から300万円の1/3にあたる、100万円まで借入が法律上では可能となっていると言うことです。
消費者金融が貸す・貸さないは審査によって変わりますが、総量規制の範囲内である場合、上限100万円は無理だとしても、ある程度少額融資を受けられる可能は高いと言っても良いと思います。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローンも総量規制の除外扱いとなっているため、借入額は総量規制の制限額に含まれません。

銀行カードローンの提携ATM手数料無料は大きなメリット!

カードローンからの借入や返済ではコンビニATMを利用することが多くなっています。従って、ATMの利用手数料が掛かるかどうかは費用的に大きな問題です。

 

そこで、手数料の負担を見ると、消費者金融カードローンはすべてが有料、クレジット会社のカードローンでもほとんどが有料になっている中で、銀行カードローンでは手数料を無料としているものが数多くあり、それが費用面における貢献度を高くしています。

 

ATMの手数料は借入額が1万円以下で108円、1万円を超えても216円と単価が低いため、カードローンの利用者には手数料の負担を意識していない人が少なくありません。

 

しかし例えば、消費者金融のカードローンを利用してコンビニATMから月初に4万円を借り入れ、月末にその4万円を入金したとします。その場合の手数料は216円の2回分で432円になります。

 

この432円を借入額4万円に対する1ヶ月分(30日) の利息に置き換えると、13.1%です。当然、その他に4万円の30日分の利息(金利18%)を支払います。

 

つまり、借入額に対して18%と13.1%を足した31.1%の金利分の利息を支払ったことになります。結果的に過去、批判の的になった旧出資法の上限金利である29.2%より高くつくと言うことです。

 

ATM手数料の無料がいかに大きいことであるかという証と言えます。

関連ページ

銀行カードローンのメリット【専業主婦・収入証明書不要】
銀行カードローンのメリットの柱は、専業主婦に対しての貸付可能と、収入証明書不要で借りれることです。その2点について詳しく解説します。
銀行カードローンの返済方法
銀行カードローンの返済方法について、口座引き落としや、ネットバンクによる返済、ペイジーを利用した返済など、詳しく説明しています。
銀行カードローンの審査が厳しい理由
銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すれば圧倒的に厳しいです。なぜ審査が厳しいのかについて説明します。
銀行カードローンで即日融資ができるとこは?
銀行カードローンは基本的に即日融資可能なところが少ないです。では即日融資可能な銀行カードローンはどこなのか?おすすめのカードローンをご案内します。
おまとめローンとしても利用できる銀行カードローン
おまとめローンとしても利用可能な銀行カードローンを一覧にして比較し、ご紹介しています。
銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみた!
銀行カードローンは種類も多いですが、有名な銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみました。表で分かり易くしてあるので参考にしてみてください。