銀行カードローンの返済方法

MENU

銀行カードローンの返済方法

パソコンで返済方法を見ている女性画像

銀行カードローンの返済方法は自行の口座からの引き落としが主体になっており、約定返済を口座引き落としに限定しているところが少なくありません。

 

なお、約定返済と言うのは契約で定められた返済方法のことであり、決められた期日に決められた金額、決められた方法で返済しなければならず、約定返済以外の方法で返済しても約定返済をしたことにはなりません。

約定返済

都市銀行等

ネット専業銀行

口座引き落としのみ

みずほ銀行

りそな銀行

東京スター銀行

楽天銀行

セブン銀行

ジャパンネット銀行

住信SBIネット銀行

大和ネクスト銀行

口座引き落とし及びATMからの入金

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

新生銀行

オリックス銀行

じぶん銀行

ちなみに、約定返済が口座引き落としのみとなっている銀行でも、任意返済ではジャパンネット銀行と大和ネクスト銀行以外はATMからの入金返済が可能です。

 

任意返済の場合は支払った金額が全額、借入残高から引かれるため、利息総額を削減するのに非常に有効となります。

 

ただし、任意返済でいくらの金額を支払っても、約定返済である口座引き落としは必ず行われます。

ネットバンキングによる返済は便利!

なお、各銀行のネットバンキングを利用した任意返済もできるようになっています。

 

手順はホームページにあるネットバンキングのサイトへログインし、返済金額を指定して実行ボタンを押すだけで当該銀行の口座からカードローンの返済ができます。

 

当然、手数料は掛かりません。ネット端末さえあれば、いつでもどこからでも返済ができるのでとても便利です。

ネットバンキングによる返済可能な銀行
三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、イオン銀行、セブン銀行
ペイジーなら24時間手数料無料で返済が可能!

さらに、最近ではペイジーと言うインターネット振込システムによって他銀行の口座からもカードローンへの返済ができます。

 

ペイジーと言うのはマルチペイメントネットワークによって、金融機関から金銭やデータなどの伝送が行えるシステムのことです。

 

従って、パソコンやスマホなどから24時間の振込が可能です。手数料も無料であり、利用価値の高いシステムと言えます。

ペイジーの利用できる銀行カードローン
新生銀行、楽天銀行、東京スター銀行

返済日を指定できるのと指定できない銀行があります

ところで、返済には必ず返済期日が設けられますが、返済期日の多い方が収入日に合わせた支払いのできるメリットがあります。

返済日が月に1日だけ みずほ銀行、りそな銀行、東京スター銀行、イオン銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、大和ネクスト銀行
返済期日を複数日から選択 三井住友銀行、楽天銀行、オリックス銀行
返済期日を任意の日に指定 三菱東京UFJ銀行、新生銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行

関連ページ

銀行カードローンと消費者金融の違い【ATM手数料無料の重要性】
銀行カードローンと消費者金融の違いを説明します。金利・限度額・返済方法など、銀行と消費者金融ではけっこう違いがあります。特に提携ATM手数料は非常に重要な問題となります!
銀行カードローンのメリット【専業主婦・収入証明書不要】
銀行カードローンのメリットの柱は、専業主婦に対しての貸付可能と、収入証明書不要で借りれることです。その2点について詳しく解説します。
銀行カードローンの審査が厳しい理由
銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すれば圧倒的に厳しいです。なぜ審査が厳しいのかについて説明します。
銀行カードローンで即日融資ができるとこは?
銀行カードローンは基本的に即日融資可能なところが少ないです。では即日融資可能な銀行カードローンはどこなのか?おすすめのカードローンをご案内します。
おまとめローンとしても利用できる銀行カードローン
おまとめローンとしても利用可能な銀行カードローンを一覧にして比較し、ご紹介しています。
銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみた!
銀行カードローンは種類も多いですが、有名な銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみました。表で分かり易くしてあるので参考にしてみてください。